《鏡の中のユートピア》

《鏡の中のユートピア》

2018

ボードゲーム

鏡・木

鏡は、場所なき場所、つまりはユートピアである。 その鏡の狭間の両義性をテーマにした着⽬したボードゲーム型作品。 鏡の中で、⾃⾝は⼰がそこにはいないところに⼰を⾒る。 ⾒ている⾃⾝を可視化するためには、それを⾃⾝が居ない場所に投射しなくてはならない。 こうした投射を可能にする鏡をゲームに⽤いて、⾃分を何処かに⾒つけてゴールを⽬指していく。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる